四ツ谷 東京麺珍亭本舗で油そば!

一番好きな油そば!

好きすぎるので、お店の前を素通りできない!

10年ほど通っている油そば屋!

東京麺珍亭本舗は早稲田鶴巻町にある店舗が本店
当時は早稲田近くに住んでいたので、よく本店に行っていましたが
今は会社に行く途中で四ツ谷を通るので四ツ谷四丁目店へ週イチで通ってます。
残りの週6は我慢している。といっても過言ではない!

東京麺珍亭本舗は都内の油そば屋の中でダントツで旨いと思います!
その秘密ものちほど!

四ツ谷四丁目店は他店舗と違う?

たくさんあるメニュー

通いながら違和感は感じていたんです。

  • 油そばの値段が違う
  • 限定そばが多い
  • SNSキャンペーンやってる
  • 店内でHOWTO動画が流れてない
  • 丼ものがある

そして最近、こんな投稿がありました。

ソラト

え、スタンプ分かれちゃうの?!!

お店の人に聞いてみたら
「実は四ツ谷四丁目店はフランチャイズなんですよ」とのこと。

ソラト

全て謎は解けた!じっちゃんの!!!(自粛)

そうなんです、なんか四ツ谷四丁目店だけSNSの力の入れようも違う、やたら限定メニュー多い!
(本店系列は限定は時々1品のみ。)ずっと気になってたことがスッキリしました。

しかも途中まで貯めていたポイントカードと
同じ数だけ四ツ谷四丁目店のポイントカードに移してもらえたので
同じ数のポイントカードが2枚になりましたw
油そば1杯無料も2回分に・・・いいんですか!!!?

2回無料+2回トッピング無料

東京麺珍亭の油そばはここが違う!

いつも満足したいW盛り(800円)

オリジナルの「白酢」と「ラー油」

東京麺珍亭本舗が旨い理由は
オリジナルの「白酢」と「ラー油」にあると思います。
他店だと、ただただ酸っぱいただの酢だと思いますが、麺珍亭の「白酢」はまろやかで
酢の旨味が感じられます。
やはり、タレに合わせたオリジナルの「白酢」と「ラー油」が旨さの秘密だと思います。

白酢ラー油とは?
引用:東京麺珍亭本舗ウェブサイト

油そばはこの「白酢」と「ラー油」をかけて完成されるので、
最低でも3-4周は必ずかけてくださいね!

ちなみに僕は基本8周はかけます。疲れてる時は「白酢」は10周いきます。

かける時のポイント

熱々の時にかけて酢を飛ばすのが大事なので、着丼したら着酢してください!

オリジナルの「どろ唐辛子」

愛してやまない「どろ唐辛子」

辛いのが好きな方はこれもぜひ!
めっちゃ辛いです、僕はこれを麺にまぜることはしません!!

刺し身のわさびのように、丼の隅にどろ唐辛子をポジショニングさせて
食べるエリアにちょい足ししながら食べます。そして、なにも付けてないところも食べる。
「どろ唐辛子」のダイナミクスをぜひ味わってください!!!

おすすめトッピングは「ネギ」と「半熟卵」

友人に連れてきてもらった時におすすめされたトッピングをずっと続けています。
青ネギと白ネギが選べるのですが、当初は白ネギ派でしたが、今となっては青ネギ派です。
半熟卵は麺とタレと混ぜに混ぜるんですが、この科学反応でめちゃくちゃマイルドな味わいに変化します。

半熟卵と青ネギ

限定からレギュラーになった「シビカラ」

花山椒好きにはたまらん

実はオリジナルがうますぎて、麺珍亭の限定メニューには一切手を出していなかったのですが、
先日初めて四ツ谷四丁目店だけでしか食べられない限定メニュー「シビカラ」を食べました。

ソラト

控えめに言って「激的に美味い」の一言です!

絶妙なバランスの酸味が感じる「花山椒」と油そばが、こんなに合うなんて・・・
そしてチャーシューじゃなくて、鶏肉なのがまた合う、この組み合わせをかんがえられるなんて
四ツ谷四丁目店の店長は何者なんでしょう・・・

早稲田鶴巻本店派だった自分が、どんどんと惹き寄せられております。

ただ、どこの店舗もおいしいし、遅くまでやっているので
ぜひ「油そば」が好きな方で、「東京麺珍亭本舗」にまだ行ったことない方は
食べてみてください!!

僕は引続き週イチで通います!!

25時まで営業してますからね、みんなにチャンス!!

自宅でそのままの味が楽しめると噂の!公式通販サイトもチェック!

楽天 公式東京麺珍亭本舗ショップ

オリジナル白酢とラー油のセットがおすすめです。