【フランス】ヨーロッパらしいトラブル!アヌシーを目指す。②

-フランス6日目-

ヨーロッパの人が日本の電車の正確さに驚くのがよくわかる。
改めて日本の凄さに気づきます。

列車の遅延により、乗り換え駅に着いた時には
次乗る列車は無情にも行ってしまっていた。

AirB&Bのホストにも、「19時には行くから〜」ぐらいで言っていたのに
絶対間に合わない。

フランスのよくわからない駅で、一瞬戸惑いましたが、、、
あって良かったSIMフリー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

すぐさま、アヌシーへの行き方を調べたところ
FlixBusがアヌシーまで出ている!!しかも、あと15分後w

FlixBusのアプリで予約!!そして、バスの停留所へと急ぐ!
慌てながらも、写真は忘れない。

FlixBusは前回のヨーロッパ旅行でもよく使ったバスで
きれいだし、快適。そしてこの遠くからでも見える目立つ色が僕を安心させる。

バスに近寄ると
「Sorato?」って声をかけられた。

どうやら、さっきのアプリの予約でわかったらしい。
現代ってまじですごいなって思った。

バスには俺を含めて2名しか乗車していません。

無事にバスにも乗れて、ホストにも遅れる連絡をして
落ちついたところで、ポテチ。

とりあえず無事に、アヌシーへ到着!!

バスは時間通りです、ほんとヨーロッパは前回も電車2時間来なかったので、バスしか信用できませんね。

街中へと、石畳を歩く。
スーツケースで石畳を歩くのは本当大変。
ですが、、、

アヌシー、とても良い街!!わくわくとホストが待つ家まで歩きました!

ハラハラしつつも、なんとかなる。
こうやってたくましくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA