沖縄旅行(2020年)-③本島めぐり

夜は絶対にヤギ刺しを食べる

それだけは外せない

万座毛

万座毛を眺めつつ南下してシーサイドドライヴインへ!

建物改装中の万座毛の施設を横目に
万座毛をぐるっとまわって、シーサイドドライヴインをめざします。

夜のネオンも見てみたい

本当は夜に来たかったけど、時間的に明るい時間になりましたが
これはこれでいい感じな夕刻でした。

1967年から創業が続いている24時間営業のシーサイドドライヴイン!
アメリカの映画に出てきそうな佇まいです。

みんなこの200円のクラムチャウダーはかかさず購入するんだとか。
他にも気になったんだけど、おなかはパンパンですので、、、
スープだけで我慢。

お店の裏側のビーチ散策

めっちゃ素早い蟹をソレ以上のスピードで捕まえた

ビーチにいくと、日も暮れ始めて少しは涼しくなってきました
砂浜に足を下ろすと、すごい勢いで白い蟹が動いてます

小さい蟹や、大きめの蟹がいてとてもかわいかったです。

那覇に戻って夕飯をはしごしにいきます

ホテルは一泊だけだったので
ホテル トリフィート那覇旭橋にしました。
新しめなのか、エントランスはしっかりしてて、接客も丁寧。これで2名で5,000円ちょっとだなんて、、お得すぎる。
ゆいレールの「県庁前」から徒歩5分くらいの好立地です。

シャワーも浴びて夜の街へ!

スッキリしたところで、歩いてヤギ刺しのお店をめざします!
しかし、10分ぐらい歩いて全く違う方向に歩いていることに気付いたので
速攻タクシーに切り替えて、お店へ向いました!

前回沖縄に来た時に、国際通り近くの「さかえ」で食べた「ヤギ刺し」に感動して
これを食べるために沖縄に行きたいっていつも思ってた。
今回は沖縄在住の旧友である松根良太(修斗世界チャンピオン)におすすめされた
ヤギ料理「まるまん」へと行きます!
「さかえ」の山羊もおいしいのですが、こちらの「まるまん」は、もう少しクセがあって
それがいいそうです!

山羊料理「まるまん」から始めるはしご酒

紹介されてなかったら入りづらいかも

運転も終わって、ようやくオリオン!

こちらのお店は山羊料理専門店で、ストイックに山羊しかありません。
お母さんが一人で切り盛りしております。

まずはビールと、お目当ての山羊刺しを注文します。
冷蔵庫を開けながら
「今日はラッキーだねー山羊の睾丸が残ってるよー」とのこと。

きれいなピンク色

世界よ!これが山羊の睾丸だ!

はじめての睾丸は、あん肝のようなまろやかさで、
とてもおいしかった。

こちらのお店では酢と醤油を自分で調合して食べます。
少し酢を強めにいれて、生姜と一緒に食べるのが最高でした。

いろいろあって、サービスしてくれたので、
思ったよりも食べすぎて、次の店への意欲が少し薄れました。

2店目は串焼き「あだん」

たまたま調べていた串焼きが、まるまんの隣でした(笑)

カウンターに並ぶ串

混み合っていましたが、ちょうど二人入れたので、軽く串を頼みことに。

おすすめを聞いたら「からし菜巻」とのことで
それと、食い意地張って数本食べました。

一番奥がからし菜

からし菜は焼いた串の上に、わさびが乗ってて、
なかなか刺激的な辛さで、ビールに合いました!!

1日動き回って疲れたので、そろそろ帰るかーと思って
ホテルに戻る手前で、沖縄そばのお店を見つけたので
勝手に課しているノルマ3杯のうちの2杯目をここに決めました。

軟骨そばと、あおさそばを堪能し、
低価格で、これが食べられるのがやっぱり沖縄だなぁ。と
腹が避けそうな気持のまま、欲張って途中アイスを買ってホテルに戻りました。

ブルーシールとオリオンのコラボアイス!

おなかいっぱいでもおいしかった

いつ寝たのかは記憶になかったです。

明日は座間味島にいくぞーーー