キャンプ(1泊)|ふもとっぱらキャンプ場

ペグは短いよりも、長いものに

テントがひっくり返って
全壊することがあるらしい
令和初のキャンプはふもとっぱら

軽くキャンプしにふもとっぱらへ

会社のみんなと4人でふもとっぱらにキャンプにいってきました。
しかし、キャンプを甘く見た4人はとてもひどい目にあいましたが、これまたいい経験をしました。

たしかに、台風は近づいてきていましたが、
「まーなんとかなるっしょ」というノリでふもとっぱらへ行きました。

富士山も見えるくらい晴れていた

雲行きが怪しくなってきました

お昼を過ぎたくらいから、だんだんと山から降りてくるような強い風が吹きはじめて
だんだんと雨が降ってきました。
これはいかんと、タープ下に荷物を避難させて
Amazonで購入したAmazonオリジナルのテント(3回目の使用)の中で
暖を取りました。

Amazon店とは6-8人用で広い

あれ、なんかみんな疲れてますね、、、
実はもうこの頃には雨がザーザーで、風がビュービュー
外ではなにかが外れる音や、飛んでいっているような音が聞こえます(笑)

ペグってとても大事ですね

ちょっといよいよやばそうだねってなったので
外を少し片付けつつ、補強をすることに。

そして、もうひとつ大事なこと・・・
こういう時に、全員でテントの外に出ちゃだめっす。

みんなで協調性高く、テントの補強をしている時に
突風が!!!

ペグが抜けて、テントがひっくり返りました・・・・
テントの中には先程まで身体を温めてくれていた豚汁などがあったのに
ひっくり返ったんです。

全てを諦めた僕たち

もうテントはだめです。
これはAmazonテントが悪いのではなく、、、
ふもとっぱらのような柔らかい地面のテントサイトで、短いペグを使ったのがいけなかったのです。

中味をある程度救出し、雨に濡れて弱った僕たちは
キャンプ場で車中泊しました。まだ20時だっていうのに・・・



深夜になり落ち着いたのでキャンプ再開

このままでは終われない・・・
23時すぎにすっかり雨も止み、風も止んだので
焚火台に火をつけて焚き火を楽しみました。

ソーセージとトルティーヤ

なんとかキャンプっぽいことを楽しみ
テンションを上げきれない僕たちは、また車へと戻り朝を迎えました。

もちろんすぐに片付けをして帰り道は
温かい山梨名物「小作」ほうとうを食べて帰宅しました。

山もキャンプも油断しているとこういうことになるんだなぁと
反省をして、帰り道にはすぐに長いペグを購入しました。
めげずにこれからもキャンプにいきます!!

まだ楽しかったころ

キャンプの記事はこちら